読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリンライトの灯る家で…。

田舎町の小さな平屋で、『心地よい日常』を楽しみながらゆるると暮らしています

自家製ぽん酢と『東屋のジューサー』

自家製調味料、先ずは、ぽん酢から

梅雨入りして、食欲減退気味です。

冷やっことか、冷しゃぶとか、さっぱりしたものなら食べれそうかなぁ。

ヒロシも、あっさりした食べ物が好きで、鍋の日は寄せ鍋よりも「俺、味ぽんで食べたい」と言います。

いつもは、ペットボトルに入った味ぽんを使うのですが、セラーメイトの調味料びんも買ったことだし、自分で作ってみることにしました。

ぽん酢のレシピを探してみると、家にある材料で割と簡単に作れそうです。

f:id:yururuto:20160609193755j:plain

自家製ポン酢の作り方

≪材料500ml分≫

・醤油200ml

・柑橘系の果汁+酢(米酢、リンゴ酢など)200ml

・酒50ml

・みりん50ml

・昆布、鰹節少々

①分量の酒とみりんを鍋に入れて火にかけ、軽く沸騰させてアルコール分をとばします。

②醤油を加えて、沸騰する直前に火を止め冷まします。

③蓋のできる容器に昆布と鰹節を入れます。

④柑橘系の果汁を絞り、足りない分は酢を足して入れます。

⑤②を加えて冷蔵庫に入れて寝かせます。

⑥昆布を取り出し、鰹節を漉したらできあがり。

1週間ほどで食べられますが、1か月寝かすと、酸味が和らいで味が馴染み、よりおいしくなるみたいです。

f:id:yururuto:20160609202608j:plain

東屋のジューサー

レモンの果汁を絞るのに、東屋の『ジューサー』を使いました。

人気商品見なので、「買えるときに買っておこう」とポチったものの、カップボードにしまったままになっていたのを思い出して、使ってみると、みごとに最後の1滴まで絞れました。

果実の部分が、くりぬいたように絞りとられています。種は受皿部分に残り、穴から果実と果汁が下に落ちて、余すところなく搾り取れました。

圧巻の『仕事振り』です。

絞り切った爽快感に浸れます。

自家製ぽん酢が、美味しく仕上がっていたら、活躍の機会が確実に増えます( ´艸`)

f:id:yururuto:20160609200857j:plain

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村