読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリンライトの灯る家で…。

田舎町の小さな平屋で、『心地よい日常』を楽しみながらゆるると暮らしています

鉄のフライパン

鉄のフライパン探し

新居に引越して、フライパンを新調することにしました。狙いを定めたのは「鉄のフライパン」です。

フライパンは、テフロン加工のものを使っていましたが、結構いいお値段のものを選んでも、1年足らずで表面の傷や、裏面の焼き付いたような汚れが目立つようになり、買い替えることを繰り返してきました。

数年前から、『鉄のフライパン』がひそかなブームなのか、雑誌等で取り上げられているのを目にして、「使ってみたいな」と思っていました。鉄のフライパンのよさとしては、「長く使える耐久性」、「料理が美味しくできる」という点が挙げられていました。体質的なものか油断すると貧血になるので、鉄のフライパンで調理すると「作った料理から鉄分が摂れる」ということも、ひそかに期待していました。

木屋打出しフライパン

f:id:yururuto:20160324204906j:plain

スコープさんのHPから画像をお借りしました。

 

どれにしようかあれこれ探していたとき、大好きなネットショップ『スコープ』さんから『木屋打出しフライパン』が発売されるとの告知を見て「絶対欲しい」と、それはそれは楽しみにしていました。毎日、何度となくホームページを覗いたり、メルマガを読んだりしているので、発売開始もいち早くチェック、最初の発売時運よく20センチと24センチの2つとも購入できた(できることになっていた)のです。発送を待つ間も嬉しくて、何を作ろうかと考えながらウキウキしていました。

ところが、発送予定日の前日、いつものようにスコープさんのショップブログを見ていると、『IHに対応していないからあきらめた』といった主旨の書き込みがあるのを見つけてしまいました。慌てて、フライパンのページを確認すると、確かに「非対応」になっていました。

IHは、『鉄製OK』と思い込んでいたので、直ぐには理解できずにうろたえました。「非対応」を言葉どおりに受け止められず、未練タラタラの私。メールでスコープさんに問い合わせたところ、「使えないわけではないが、IHでの使用を想定して作った物ではないので、本来の性能を発揮できないかもしれない。」、「それを理解した上で購入して、やっぱり使えなかった場合は返品も受け付けます。」という内容の丁寧なお返事をいただきました。

返事を読んで、「性能を発揮できる場所で使ってもらおう。」ときっぱりと諦め、キャンセルの連絡をしました。フライパンひとつでも、購入者のことを考えて、こんなに親身に対応しているんだなとショップの姿勢に感銘し、人気のワケの一端を垣間見た気がしました。

釜浅の鉄打出しフライパン

購入寸前で、振り出しに戻ったフライパン選びですが、家づくりを経験して「とことん探す」クセを身につけた私は、理想のフライパンを探してネットを検索しました。
そして見つけ出したのが、東京・浅草、合羽橋の料理道具屋「釜浅商店」の『釜浅の鉄打出しフライパン』です。
製造元は『木屋打出しフライパン』と同じ「山田工業所」です。紹介ページには、「通常のフライパンは、厚さが1.6から2.0mmのところ2.3mm厚にしているので、フライパンの厚みが食材に柔らかく熱を伝え、じっくりと火を通すことで食材の美味しさを引き出します。」とあり、IH可となっていました。木屋のフライパンの厚さが1.6mmだったので、この厚みがIHでの使用を可能にしたのかもしれません。
また、木屋のフライパンのような丸い持ち手ではありませんが、釜浅のフライパンのすっきりした形も気に入りました。
釜浅商店のホームページはネットショップのようになっていなかったので、お問合せフォームから、購入したい旨を連絡するとメールで連絡があり、数回メールでやり取りをして無事購入することができました。20センチ、24センチ2つ購入して、送料を入れても一万円くらいだったので、木屋のフライパンと比べると格安に感じました。

f:id:yururuto:20160324210757j:plain

f:id:yururuto:20160324212211j:plain

↑こんな感じで届きます!

使ってみて

心配していた「焦げ付き」などは全くなく、拍子抜けするくらい手入れは簡単です。使ったらすぐに束子で洗い、コンロで乾かしてしまう。これだけです。

f:id:yururuto:20160324210903j:plain

↑焦げ付いてないことわかってもらえるでしょうか?

 

全部鉄なので、持ち手の部分が熱くならないかも心配していましたが、持ち手が長いこともあり、料理中に熱いと感じたことはありません。
目玉焼きは端っこがカリッと、野菜炒めはパリッと水っぽくならず美味しくできます。24センチは万能選手、20センチは、目玉焼きやお弁当づくりの時にさっと使えて便利です。鉄のフライパンに味を占め、山田工業所製の鉄打出し中華鍋も購入しました。こちらは、チャーハンなど「振って」作りたいときに活躍しています。
「なんでもっと早く買わなかったんだろう」と思う使い勝手の良さです。
大事に使えば、いつまでも使えそうな気がしています。
 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします!